自動販売機設置の知識

>

メリット、デメリット

自動販売機設置の流れ

ここでは自動販売機の設置をするにあたっての流れをご説明いたします。

設置の流れといたしましては決して複雑な流れではありません。まず設置をご検討されている場合には自動販売機を取り扱っている会社へ問い合わせをするようにいたしましょう。
問い合わせに対しての対応は会社によって異なりますが担当者の方から電話がきたりする場合などが多くあります。連絡後、担当者の方が訪問をし、自動販売機を設置するにあたって十分なスペースが確保されているかどうかや電気設備のチェックなどが行われます。その後、販売商品の提案などがされます。
皆さまが提案などにご納得されましたら契約、設置と進んでまいります。

設備やスペースが整っていなければ会社の方から自動販売機の設置をお断りされる場合もありますため注意が必要になります。

設置方法は2種類

自動販売機の設置には2種類の設置方法が存在いたします。

方法といたしましてはセミオペレーションとフルオペレーターになります。
セミオペレーションタイプではみなさま自身で全ての管理を行うという方法になります。自動販売機の品物の補充やゴミの処分など自動販売機設置後も全ての作業をご自身で行なっていただく必要があります。またセミオペレーションタイプでは自動販売機をご自身で購入して設置を行うか、自動販売機をレンタルして設置を行うかになります。

次にフルオペレータータイプでは自動販売機の設置からゴミの回収、商品の詰め替えなど全ての作業を業者に行ってもらうことができます。

またセミオペレーションタイプでは売り上げが全てご自身のものとなりますがフルオペレータータイプでは売り上げの一部がご自身のものとなります。


この記事をシェアする